株式会社ゴールドリンクは、純金積立で話題の注目企業です。実物資産の中でも特に希少性が高く、無価値にならないと言われる金は、流動性の高さと安心感から分散投資に適していることから有事に強いと高く評価されています。激動の時代でメリットが高い純金積み立ての分野で歩み続けてきた株式会社ゴールドリンクは東証140周年を迎えました。

今回は、魅力的な会社である株式会社ゴールドリンクで仕事をしたい人に向けて、仕事内容や職場の雰囲気などをチェックしていきます。

ゴールドリンクが募集している仕事内容

株式会社ゴールドリンクでは、原則的に即戦力となる中途採用を中心にリクルート活動を展開しています。しかし、実際には中途採用の9割が未経験スタートの職種もあるので、経験がないからと諦める必要はありません。主な募集職種の仕事内容を確認してみましょう。

資産運用プランナー

資産運用プランナーは、画期的な純金積立システム「ゴールド積立くん(R)」を中心とした各種貴金属の投資商品を扱い、提案から契約そしてアフターフォローまでを行う職種です。具体的な仕事内容としては興味のあるお客様に資料を送付し、電話にて最初のアプローチをします。アポイントを取ってお客様を訪問し、商品についての説明をして契約を取るという仕事内容になっています。

投資アドバイザー

資産運用に興味がある方に投資についてのご案内をするお仕事となります。

適した人物像/必要な資格は?

株式会社ゴールドリンクで働きたい人にとって、どんな人物像を求めているのか、必要な資格があるかは気になるポイントでしょう。基本的に採用職種については職種未経験、業界未経験スタートが可能なものの、経験や能力に応じての優遇もあります。投資という信頼関係が大切な仕事なので、お客様との信頼を築いて長くお付き合いができる人物が向いていると言えるでしょう。

また、金融や生命保険、証券・不動産などの投資関連業界での経験が活かせる仕事です。成果が正当に評価される職場なので、キャリアアップを目指す人、年収アップを狙う人など上昇志向がある人は歓迎されます。もし、仕事を通じて資産運用に関する知識を身に付けて、コツコツと専門性を高めたいならこの仕事に向いています。

お客様の資産を預かる仕事なので、プロとして責任感を持って誠実に対応できる人が求められています。逆に、正しい専門知識を身に付ける学びが苦手なら、お客様に的確なアドバイスができないためこの仕事には向いていないと言えます。

ゴールドリンク代表(藤田栄喜社長)の理念とは?

ゴールドリンク代表(藤田栄喜社長)

働く上で、トップの考え方に共感できるかどうかは重要なポイントでしょう。株式会社ゴールドリンクの代表である藤田栄喜社長は秋田県出身で、鉄道郵便局勤務を経てFX・先物取引を扱う会社に転職した人物です。長年金融業界に携わり、資産を守るためには安定性のある金を扱えばお客様に喜んでもらえることに気づいたと語っています。

[画像:エン転職]

藤田栄喜社長は株や証券などの金融商品を長年扱っていた経験があるからこそ、企業や国の信用リスクに伴って価格が急激に低下することも珍しくない株や証券がお客様にもたらす影響を知っています。だからこそ、無国籍通貨と呼ばれるほど世界共通の価値がある金を取り扱うことが、お客様の喜びにつながると考えました

そして藤田栄喜社長は、仕事をする上で「信用」と「生の声」を大切にし、お客様と会って話すことを大事にしている人物です。提案するというより、お客様と向き合ってどんな資産運用をしたいかを聞くことが大切だと考えています。お客様から学び、時にはアドバイスをもらいながら、会って相談するからこそ信頼が築けるとも語っています。

そして、一緒に働く社員に対しても信用・信頼を大切にしています。株式会社ゴールドリンクは、会社を任せられる人材を育てていくために、社員の健康や働きやすさを大切にしています。全拠点に子育てをしながら働いている社員が在籍していて、生活スタイルの変化やライフイベントを経ても働き続けられる会社です。

ゴールドリンクの職場の雰囲気

株式会社ゴールドリンクの職場の雰囲気短い時間で効率良く仕事をする職場なので、ダラダラと残業をすることはありません。仕事の進め方やペースも自主性が尊重されていて、自分で効率を考える力が養われます。社員一丸となって成果を上げながら成長し続けようという雰囲気があって、意識が高ければ収入も上がりやすいので社員の仕事へのモチベーションは高いと言えるでしょう。

社内イベントでは、ミュージカルや音楽鑑賞、スポーツ観戦や食事会・飲み会などを楽しんでいます。短時間高効率をモットーにメリハリある職場環境を目指しながら、社員同士のコミュニケーションを大切にしている職場です。

[画像:エン転職]

入社にあたっての安心の教育制度

専門知識が必要となる投資業界でのお仕事なので、入社にあたっては金融の基礎から学べる教育制度が充実しています。まずは、現場にて株価の値動きや海外の金の値動きなどの分析業務から学びをスタートます。金積立の知識やシステム、案内の仕方なども基本から学べて安心です。

その後はチーム内OJTにて、先輩社員のサポートの下で商談やテレアポにチャレンジします。初契約までは早い人で1ヶ月半ほどです。週2回の早朝勉強会を、「税金や景気について」や「黒字経営のための観点を、経営サポートを行う企業から学ぶ」などのテーマで行う場合もあります。

まとめ:ニーズの高まりにより、今後の成長が期待できる株式会社ゴールドリンク

株式会社ゴールドリンクは究極の安全資産と言われる金の積立を扱っています。天変地異や経済危機など先が読めない世の中で、安心な資産として金の魅力はますます高まっていくでしょう。お客様にとっても、社員本人にとっても金融に関する専門知識、金投資についての学びは必須となっています。株式会社ゴールドリンクに入社して学び続ければ、金の地金を持つことのメリットに気付けるようになります。

これからの時代に必要となる金地金のビジネスは、ますますニーズが高まっていて今後も伸びる業界として注目されています。ぜひ株式会社ゴールドリンクの仕事内容をチェックして、魅力的な会社での新しい生き方を検討してみてください。

関連記事: 「株式会社ゴールドリンク」の資産運用の強み